大会レポート

2018東海総体に向けて⑨~男子団体頂上決戦「青森山田/神埼清明/恵庭南」

2018.08.12Sun

いよいよ本日。 毎年、ハイレベルな大激戦を繰り広げている男子団体競技が行われる。 男子新体操全体のこのところのレベルアップはすさまじく、とくに団体競技においては、 年々、底上げされていることが感じられる。 こと、高校総体ともなると各地の予選を勝ち抜いてきているだけあって、少し前までは見ら...

2018東海総体に向けて⑧~Coming Soon! 「鹿児島実業高校」

2018.08.11Sat

8月6日、高校総体を目前に控えた鹿児島実業高校を訪ねた。 ここで多くは語らない。語れない。   ただ、この日の体育館で見た、彼らの真摯な練習ぶりが少しでも伝わればと思う。 明日の本番では、観客はきっと鹿児島実業の演技を存分に楽しむことになるだろう。 なにしろ、今年の新作の...

2018東海総体に向けて⑦~起死回生を狙う!「佐賀女子/中村学園女子」

2018.08.11Sat

九州の女子のレベルは、一時期に比べるとかなり上がってきているように思う。 とくに、昨年の九州チャンピオン・中村学園女子高校(福岡県)と、近年徐々に全国での位置も上げてきている佐賀女子高校(佐賀県)の演技には、九州ブロック大会の公式練習を見ていても、目を引くだけのものがあった。 「今年の九州は...

2018東海総体に向けて⑥~男子団体注目校「清風/科学技術/坂出工業/井原」

2018.08.11Sat

今日から新体操の全国高校総体が始まる。 1日目は個人競技だが、男子新体操ではなんと言っても注目は2日目に行われる団体競技だ。 すでに何校か注目校を取り上げてきているが、まだまだ触れておきたいチームがある。   なんと言っても、今年は久々の近畿チャンピオンとなった清風高校(大阪府...

関東へ!~東京ジュニア団体1・2位「町田RG/町田RGもりの」

2018.08.10Fri

明日から始まる関東ジュニア新体操選手権に、東京代表として出場する町田RGもりのは、東京ジュニアを2位で通過した。 町田RGといえば全国に名だたる強豪チーム。関東ジュニアに進出することもそう珍しいことではない、と思われるだろうが、 「町田RGもりの」に関してはいえば、昨年がかなり久しぶりの...

2018東海総体に向けて⑤~潤徳女子高校(東京都)

2018.08.08Wed

目前に迫った2018年の全国高校総体。女子団体の台風の目になりそうなのが、初出場の潤徳女子高校だ。 足立区のジュニアクラブTESOROで育った選手たちが、地元の公立中学・千寿青葉中の団体として全中でも活躍。さらに、高校は潤徳女子に集まり、ここ数年は毎年、「今年は(東京代表は)潤徳かも?」と...

2018東海総体に向けて④~小林秀峰高校(宮崎県)

2018.08.07Tue

九州ブロック大会の前に、小林秀峰高校を訪ねたとき、高校選抜での4位という成績について、永野護監督と日高祐樹コーチが、「よくやったと思う」と口を揃えて言った。   珍しいな、と思った。   小林秀峰は、永野監督の言葉を借りれば「地元ではいつも優勝候補」という新体操強豪校...

際立つ同調性が光る演技で、九州中体連へ!~錦町立錦中学校

2018.08.07Tue

熊本県球磨郡錦町にある錦中学校の新体操部は、郡市の中体連の団体競技で、今年、6連覇を成し遂げた。全学年で10クラスの決して大規模ではない公立中学だが、地元のジュニアクラブ・人吉ジュニア新体操クラブ出身の選手に、中学になってから部活で新体操を始めたキャリアの浅い選手を加えた5人がチームを組み、先輩...

2018東海総体に向けて③~盛岡市立高校(岩手県)

2018.08.06Mon

名将・野呂監督が去り、その教え子だった藤原大貴が、盛岡市立高校の新体操部の監督となった。 今回が藤原監督の高校総体デビュー戦となる。 盛岡市立にとって高校総体での近年最高順位である準優勝を成し遂げた2010年。藤原は高校3年生だった。しかし、あのときの団体メンバーに藤原の名前はない。 ...

2018東海総体に向けて②~鹿児島純心女子高校(鹿児島県)

2018.08.05Sun

鹿児島純心といえば、かつての新体操名門校。それもその強さが半端ない。 1971年から1985年にかけて高校総体の団体で12連覇を達成している。その後、藤村女子(東京都)や佐賀女子(佐賀県)など強豪校はいくつか登場したが、鹿児島純心の12連覇はまだ破られていない記録だ。ちなみにこの12連覇の間に...
<< perv 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11