Topics

第51回全日本シニア男子団体優勝/コナミスポーツ体操競技部

2018.09.19Wed

団体優勝:コナミスポーツ体操競技部 総合得点334.200   ▼加藤凌平 ※ゆか14.050、跳馬14.300、平行棒14.200と貢献。   ▼横山 聖 ※あん梅14.000、平行棒14.500と貢献。   ▼佐藤 匠 ※つり輪14.350、跳馬14.400、平行棒14.200と貢献。 &nbs...

2018全日本シニア体操競技選手権大会Memorial

2018.09.18Tue

▼野々村笙吾(セントラルスポーツ) ▼安里圭亮(相好体操クラブ) ▼早坂尚人(セントラルスポーツ) ▼齊藤優佑(徳洲会体操クラブ) ▼今林開人(セントラルスポーツ) ▼杉野史尭(相好体操クラブ) ▼宮地秀享(茗渓クラブ) ▼内村航平(リンガーハット) ▼永吉 雄(相好体操クラブ) ▼Team セントラ...

日本選手全員が金メダル!~FIGチャレンジカップ・スロベニア大会

2018.06.04Mon

6月3日、決勝後半が行われたFIGチャレンジカップ・スロベニア大会で、杉野正尭(鹿屋体育大学)が、鉄棒で14.100(D5.8+E8.3)をマークして、金メダルを獲得した。 前日の佐藤巧(ゆか)、亀山耕平(あん馬)、武田一志(つり輪)に続き、日本にとっては今大会4つ目の金メダルとなった。 今大会では、日本から派遣された4選手すべてが金メダル獲得と...

金メダル3つを獲得! ~FIGチャレンジカップ・スロベニア大会

2018.06.03Sun

2018年5月31日~6月3日、スロベニアで行われている「FIGチャレンジカップ・スロベニア大会(種目別)」の決勝前半で、チーム日本が金メダルを独占した。 ゆかでは、佐藤巧(徳洲会体操クラブ)が、14.950(D6.4+E8.550)   あん馬で、亀山耕平(徳洲会体操クラブ)が、14.800(D6.4+E8.400) &nbs...

いよいよ明日発売開始!「男子体操競技上達のポイント50」(メイツ出版)

2018.05.11Fri

谷川翔選手の衝撃の初優勝にわいた全日本体操競技選手権大会から2週間が過ぎた。 NHK杯までも2週間を切り、体操シーズンはすでに最初のクライマックスを迎えようとしている。 このタイミングで、ついに! 待望の男子体操競技本が発売される。 メイツ出版から昨年発行された「新体操上達のポイント50」「女子体操競技上達のポイント50」に続く、第3弾である。...
1  2