大会レポート

日本選手全員が金メダル!~FIGチャレンジカップ・スロベニア大会

2018.06.04Mon

6月3日、決勝後半が行われたFIGチャレンジカップ・スロベニア大会で、杉野正尭(鹿屋体育大学)が、鉄棒で14.100(D5.8+E8.3)をマークして、金メダルを獲得した。 前日の佐藤巧(ゆか)、亀山耕平(あん馬)、武田一志(つり輪)に続き、日本にとっては今大会4つ目の金メダルとなった。 今大会では、日本から派遣された4選手すべてが金メダル獲得と...

金メダル3つを獲得! ~FIGチャレンジカップ・スロベニア大会

2018.06.03Sun

2018年5月31日~6月3日、スロベニアで行われている「FIGチャレンジカップ・スロベニア大会(種目別)」の決勝前半で、チーム日本が金メダルを独占した。 ゆかでは、佐藤巧(徳洲会体操クラブ)が、14.950(D6.4+E8.550)   あん馬で、亀山耕平(徳洲会体操クラブ)が、14.800(D6.4+E8.400) &nbs...

第57回NHK杯に向けて② 注目の1組

2018.05.08Tue

全日本選手権上位6選手による1組の中から、世界選手権代表の2名が出る可能性は極めて高く、注目せずにはいられない組だ。 持ち点(全日本選手権予選+決勝の得点)の差も大きくない。首位の谷川と3位・内村の差は、0.832。5月20日は手に汗握る展開になりそうだ。   ●谷川 翔(順天堂大学)持ち点172.496(1位) 全日本選手権予選、...

第57回NHK杯に向けて① 種目別枠の選手たち

2018.05.06Sun

5月20日、東京体育館にて行われる第57回NHK杯は、先日行われた「全日本体操選手権」個人総合の上位30名によって競われる(全日本選手権の予選+決勝得点が持ち点となる)が、6班として「種目別枠」が設けられている。 ここには、「全日本選手権+種目別トライアル」における各種目の上位6選手(個人総合に出場する30名を除く)が出場する。 NHK杯の個人総合上...

萱がゆか、千葉が平行棒で金!~W杯バクー大会、決勝前半

2018.03.18Sun

日本選手が軒並み決勝進出を果たした「W杯バクー大会」の決勝前半(ゆか、平行棒、つり輪)で萱和磨(順天堂大)がゆかで金メダルを獲得。 さらに千葉健太(順天堂大)も、平行棒で金メダルを獲得した。 世界一厳しい日本の国内選考を今年こそは勝ち抜こうと意気込む黄金世代の大学生たちが幸先のいいスタートをきった。 本日は決勝後半(あん馬、鉄棒、跳馬)が行...

田中佑典が個人総合3位!~W杯ドイツ大会

2018.03.18Sun

2018年3月16~18日、ドイツで行われた「ワールドカップドイツ大会(個人総合)」に日本から出場した田中佑典(コナミスポーツクラブ)は、3位となり銅メダルを獲得した。 田中は、得意の平行棒、鉄棒、さらにゆかでも1位。とくに平行棒は15点台にのせる圧巻の演技を見せた。 あん馬でミスがあり、その分、メダルの色が変わってしまった感はあるが、シーズンは...

2018 DTBチームカップ、本日開幕! 日本から男女チームが出場!

2018.03.16Fri

2018年3月16~18日、ドイツのシュツットゥガルトにて行われる「2018 DTBチームカップ」(団体戦)に、日本から男女チームが出場する。 16日に男女とも予選が行われるが、日本からの出場選手は以下のとおり。 【男子】 山室光史(コナミスポーツクラブ)   府殿大佑(日本体育大学) 春木三憲(日本体育大学) 荒屋敷響貴(順...

W杯アゼルバイジャン大会、本日開幕!

2018.03.15Thu

2018年3月15~18日、アゼルバイジャンで開催されるW杯に、日本から大学生4名が出場する。 ●萱 和磨(順天堂大学) ●千葉健太(順天堂大学) ●前野風哉(鹿屋体育大学) ●杉野正尭(鹿屋体育大学) 昨年、世界選手権代表候補になった杉野、リオ五輪帯同補欠だった萱、昨年の全日本選手権予選で内村航平を抑えトップに立った千葉、全日...

2017年度個人総合トライアウト(男子)、3月11日に開催!

2018.03.10Sat

3月4日に行われた「2017年度個人総合トライアウト(女子)」に続き、今週末は、男子の「個人総合トライアウト」が味の素ナショナルトレーニングセンターにて開催される。 男子は、72名のエントリーがあり、この中の上位18名には4月に行われる「全日本選手権」の出場資格が与えられる。 上は世界レベルのトップ選手たちがひしめく「全日本選手権」への登竜門がこのト...

村上茉愛、アメリカンカップで個人総合2位!

2018.03.04Sun

じつに安定した、じつに堂々とした演技を村上茉愛(日体大)は、4種目で完遂した。 得意のゆかと跳馬は、1位。 段違い平行棒は上位選手に比べるとややDスコアが低く、4位となったが、Eスコアは8点台にのせる安定感のある演技で、上位選手にもひけはとっていない。 平均台では何か所か惜しいふらつきはあったが、それでもEスコア7.900と高い評価を受け、2位にあ...
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11