大会レポート

2014全日本ジュニア個人TOP3

2014.08.18Mon

【男子個人総合】 優勝:白井健三(鶴見ジュニア体操クラブ)/萱 和磨(習志野高校体操クラブ)    3位:千葉健太(清風体操クラブ)   【女子個人総合】 優勝:杉原愛子(羽衣体操クラブ)  2位:湯元さくら(ならわ体操クラブ)  3位:河崎真理菜(とらい体操クラブ) ※杉原選手は代理が授賞 2014.8.17.  ...

2014全日本ジュニア体操競技選手権大会速報

2014.08.17Sun

●男子1部個人総合順位   ●女子1部個人総合順位 ...

2014 体操インターハイ 記事掲載

2014.08.13Wed

朝日新聞出版サイトdot.(ドット)にジムラブライター横田泉の記事が掲載されています。 ●dot.(ドット)|朝日新聞出版|AERA、週刊朝日などの記事を提供 http://dot.asahi.com/dot/2014080600034.html   白井健三選手がゆかで16.7点という驚異的な高得点を叩き出したことが話題となった今...

体操世界選手権2014、日本代表壮行会、開催!

2014.07.24Thu

2012年のロンドン五輪から2年! 昨年の世界選手権では団体戦が行われなかったため、久しぶりに日本代表選手たちが「団体世界一」に挑むのが、今年の世界選手権です。 10月7日から、世界選手権を放送するフジテレビの新大陸マイナビステージにおいて、日本代表選手の壮行会が行われます。   世界の体操王・内村航平選手をはじめ、昨年の世界選手権ゆか...

第68回全日本体操種目別選手権予選(男子)レポート

2014.07.05Sat

●ゆか  首位スタートとなったのは、15.550をマークした加藤凌平(順天堂大学)、2位には15.500の早坂尚人(順天堂大学)が入り、順天堂大のワンツーとなった。加藤、早坂ともに、いい意味で力の抜けた実施でうまくまとめ、危なげなかった。タンブリングはやや難度を落としたように見える部分もあり、決勝ではさらに攻めた演技を見せてくれそうだ。  3位には、...

第68回全日本体操種目別選手権予選(女子)レポート

2014.07.05Sat

本日(2014年7月5日)、千葉ポートアリーナにて、第68回全日本体操種目別選手権の予選が行われた。 今大会は、「第45回世界体操選手権大会」「第17回アジア競技大会」の日本代表を決定するための最終選考会となる重要な試合で、女子は、のべ45人の選手が出場し、熱戦が繰り広げられた。   ●跳馬  予選の跳馬で首位に立ったのは、先日のNHK...

第53回NHK杯女子の結果

2014.06.08Sun

NHK杯体操女子が終了した。 優勝は、笹田夏実(日本体育大学)で、全日本選手権に続いての栄冠に輝いた。   今大会の結果により、10月の世界選手権に向けての日本代表選手3名が決定したが、1位の笹田、2位寺本明日香(中京大学)まではすんなり決定したが、3番手争いは熾烈をきわめた。   その混戦を制したのは井上和佳奈(筑波大学)...

第53回NHK杯/男子個人の見どころ

2014.06.07Sat

6月8日。 NHK杯男子個人総合が開催される。   この大会のみどころは、なんといっても世界選手権の代表争いだろう。 ...

第53回NHK杯体操女子出場選手(4組)

2014.06.06Fri

◆6月7日(土) 12:55~14:35   【4組】 ゆか⇒跳馬⇒段違い平行棒⇒平均台 19 松村泰葉(中京ジムナスティッククラブ)持ち点24.750 ※2014全日本体操19位/イタリア国際26位 ※2013全日本ジュニア28位/東アジア競技会20位   20 河久保絢(慶應義塾大学)持...

田中理恵、初の舞台出演!~サムライ・ロック・オーケストラ「黒の王の力」

2014.06.06Fri

2014年6月5日、日本青年館大ホールにて行われたサムライ・ロック・オーケストラ2014東京公演「黒の王の力~サードセッション」に、ロンドン五輪日本代表選手だった田中理恵(日本体育大学児童スポーツ教育学部助教)がゲスト出演した。   田中は、作品冒頭からアンサンブルにも参加。現役時代、2010年の世界選手権で「ロンジンエレガンス賞」を受...
<< perv 6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16