大会レポート

際立つ同調性が光る演技で、九州中体連へ!~錦町立錦中学校

2018.08.07Tue

熊本県球磨郡錦町にある錦中学校の新体操部は、郡市の中体連の団体競技で、今年、6連覇を成し遂げた。全学年で10クラスの決して大規模ではない公立中学だが、地元のジュニアクラブ・人吉ジュニア新体操クラブ出身の選手に、中学になってから部活で新体操を始めたキャリアの浅い選手を加えた5人がチームを組み、先輩...

2018東海総体に向けて③~盛岡市立高校(岩手県)

2018.08.06Mon

名将・野呂監督が去り、その教え子だった藤原大貴が、盛岡市立高校の新体操部の監督となった。 今回が藤原監督の高校総体デビュー戦となる。 盛岡市立にとって高校総体での近年最高順位である準優勝を成し遂げた2010年。藤原は高校3年生だった。しかし、あのときの団体メンバーに藤原の名前はない。 ...

2018東海総体に向けて②~鹿児島純心女子高校(鹿児島県)

2018.08.05Sun

鹿児島純心といえば、かつての新体操名門校。それもその強さが半端ない。 1971年から1985年にかけて高校総体の団体で12連覇を達成している。その後、藤村女子(東京都)や佐賀女子(佐賀県)など強豪校はいくつか登場したが、鹿児島純心の12連覇はまだ破られていない記録だ。ちなみにこの12連覇の間に...

2018東海総体に向けて①~宮城名取高校(宮城県)

2018.08.01Wed

高校総体の男子新体操団体では、「神埼清明の連覇がなるか?」に注目が集まるが、他校ももちろん、打倒神埼を目指して切磋琢磨しているに違いない。 3月の高校選抜、6月の男子団体選手権から、夏までに、ぐっと成長を見せるチームも例年少なくない男子団体。8月12日の決戦におおいに注目したいとこ...

関東へ!~神奈川ジュニア団体2位「ブルーローズ」

2018.07.29Sun

神奈川県ジュニアで団体2位となり、関東ジュニア進出を決めたブルーローズ。 チームにとって、今回が初の関東ジュニア進出となった。 関東ジュニア初出場ではあるが、ブルーローズはすでに神奈川県内、いや全国でも知る人ぞ知る存在だった。 単独クラブではなく、神奈川県内の複数のクラブ在籍の選手たち...

関東へ!~東京ジュニア団体3位「TESORO」

2018.07.25Wed

先日、初の全国高校総体出場を決めた潤徳女子高校の練習を取材したとき、同じ体育館で練習していたのが 目前に迫った東京ジュニアを目指すTESOROのジュニアたちだった。 3チームあるTESOROの団体の中で年長のチームは東京ジュニア団体の1部に出場し、上位4チームが出場できる 関東ジュニアを目...

2018年8~9月度、新体操国際大会派遣予定、決定!

2018.07.20Fri

7月13日に行われた日本体操協会の第3回常務理事会において、新体操の8~9月度の国際大会への派遣予定が承認された。 予定は、以下のとおり。   ●ワールドカップミンスク大会:2018/8/17-19  派遣選手/皆川夏穂、喜田純鈴、フェアリージャパンPOLA団体 ●ワールドカ...

第16回ユースチャンピオンシップ男女8位

2018.07.06Fri

男子8位:松永健人(済美高校/OKB体操クラブ) 小学生のころから見てきた選手だが、彼は、幼いころから独特の表現力とリズム感をもっていた。 先輩にも同級生にもキラ星のごとく名選手がひしめくOKBの中では、決して飛び抜けた選手ではないかもしれないが、 ともすれば「技術優先」に見えてしまい...

第16回ユースチャンピオンシップ男女7位

2018.07.05Thu

女子7位:石井陽向(安達新体操クラブ/昭和学院) 高校3年生。 しみじみ「美しい選手」になったな、と感じる。 初めてこの選手の存在に気づいたときは、ちっちゃくて、パワフルで、とにかくフロアの中で火の玉が暴れ回っているような印象の選手だったのだ。 エネルギーはいやというほど伝わってくる...
<< perv 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11