大会レポート

STOP・ザ・九州!を果たすチームはどこなのか?~2023全日本ジュニア男子団体展望

2023.11.18Sat

じつは1年前の全日本ジュニア前にも、「九州の男子ジュニア団体は強い!」という展望記事を書いた。 そして、結果、昨年の全日本ジュニアでの九州勢の成績は、 2位:JKA芦北ジュニア新体操クラブ(熊本県) 3位:神埼ジュニア新体操クラブ(佐賀県) 4位:水俣ジュニア新体操クラブ(熊本県) 5...

東京女子体育大学が見せた最高のレヴュー~2023研究発表会「新世界」より

2023.11.17Fri

11月5日に行われた東京女子体育大学の研究発表会から2週間が経った。 ずい分前のことのようにも感じるが、今でも、ふとしたときに頭の中にエンディングでの演目の曲が流れてくるときがある。 『新世界』をテーマに掲げた今年の東女の発表会には、そのタイトルのままクラッシック音楽の「新世界」(ドボル...

OGF11月4日(2回目公演)、アーカイブ販売開始!

2023.11.15Wed

◎OGF20231104(2回目公演)セットリスト   1 神埼ジュニア新体操クラブ団体   2 吉澤 昴(井原高)   3 森外翔晏(倉敷芸術科学大)   4 岡本瑠斗(国士舘大)   5 恵庭南高校団体 ...

OGF 11月4日(1回目公演)、アーカイブ販売開始!

2023.11.15Wed

◎OGF20231104(1回目公演)セットリスト   1 キューブ新体操教室団体   2 盛岡市立高校団体   3 佐久本歩夢(ONE  FAA)   4 原田知輝(青森大)   5 森園颯大(青森...

「続けること」で得られるもの~2023全日本選手権ふりかえり②

2023.11.04Sat

女子はもう20年以上前から、新体操を始める年齢は小学校入学かそれ以前になってきていた。 全日本クラブチャイルド選手権内で行われるキッズコンテスト(1,2年生の部)は、今年度で22回目になるのだから、それもそのはずだ。   一方、男子は、ジュニア(小学生やそれ以前)からの育成が盛ん...

男子新体操個人は「がんばり屋さん」が報われる競技になってきたと感じた日~2023全日本新体操選手権ふりかえり①

2023.10.30Mon

新体操の全日本選手権を初めて観戦したのは2002年の静岡JAPANだった。 それですっかり味をしめ、可能な限り、全日本選手権には足を運んでいるが、2023年、今年の全日本選手権の感動は、過去最高と言っていいものがあった。   個人総合に関しては、男女に共通して感じたことがある。 ...

堀孝輔(高田RG)が見せた「最高の負け方」~全日本選手権男子個人総合

2023.10.29Sun

とうとうこの日が来た。 社会人になってからの全日本選手権連覇という超人ぶりを見せていた堀孝輔(高田RG)が、負けた。 個人総合4位。 新たなチャンピオンになったのは、堀にとっては同志社大学の後輩になる東本侑也(同志社大学3年)だ。 こうなってみると、まるで後輩である東本にチャンピオンの座...

なんてエキサイティング! これが芸術スポーツだっ!~全日本選手権女子団体総合

2023.10.29Sun

2023年の全日本選手権。 女子団体総合は、「トンデモナイ展開」になった。   1日目の「フープ×5」では、29.950をマークした国士館大学が1位。 2位には29.900の日本女子体育大学、3位が29.200で東京女子体育大学。 そして、4位にインターハイチャン...

「伸びやかにチャレンジ!」~芦北高校、ALL JAPANへ!

2023.10.27Fri

いよいよ全日本選手権が始まります。 今日の午前10時から、まずは女子団体総合1種目目「フープ5」が行われ、午後1時10分から男女個人総合前半種目AB班となります。 CD班の演技が終わるは、午後7時半と安定の長丁場ですが、日本一が決まる大会がついに! と思うとワクワクが止まりません。 &nb...

「2020ドリームチーム」ハイライト&解説動画、今夜19時公開!

2023.10.03Tue

新体操フェスタ岐阜、大変な盛り上がりでしたね。 とくに盛り上がったのが社会人団体。 見事ワンツーで全日本選手権出場を決めたBacx NAGOYA、Bacx TOKYOが凄まじかったことは言うまでもありませんが、惜しくも3位だった小林新体操クラブのガチ演技などなど枚挙にいとまがありませんが、な...
<< perv 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11