Topics

アジア新体操選手権代表選手コメント

2018.04.18Wed

先週末は、体操のワールドカップ東京大会が行われ、日本の白井健三選手と村上茉愛選手がそろって優勝! という素晴らしい結果を残した。 日本体操協会のTwitterとInsatagramも、この大会に合わせたようにスタートし、日本体操協会の情報公開への意欲の本気ぶりを感じた。   ただ...

AGGワールドカップ・オーストリア大会で日本勢が健闘!

2018.04.17Tue

【追記】※4月18日 以下の公式サイトで、今大会の映像を見ることができます。 https://www.agg-graz.com/ 日本のJWPCE ESPERANZAは、1:10:00あたり、Team JAPANは、1:16:00あたりで登場します。 どちらも素晴らしい演技でした。ぜひご...

AGGワールドカップ・オーストリア大会、本日決勝!

2018.04.15Sun

AGGのワールドカップが現在、オーストリアのグラッツィアで開催されており、日本からはTeam JAPANとJWCPE  ESPERANZA(日本女子体育大学)が出場している。  ↑ JWPCE  ESPERANZA (2018 MINAMO CUPにて撮影) ...

2018高校選抜の収穫④~恩師を送り出す盛岡市立高校「魂の演技」

2018.04.10Tue

2018高校選抜男子団体7位となった盛岡市立高校(岩手県)。 もう10年以上、常に入賞圏内にいる高値安定チーム。 さらに言えば、2009年の高校選抜では優勝。2010年の高校総体では、「限りなく優勝に近い」と言われる準優勝という実績を残しているチームだ。 盛岡市立高校の強さの根源には、...

2018高校選抜の収穫③~諦めない金蘭会の挑戦

2018.04.07Sat

2018年3月25日、高校選抜女子団体。 金蘭会高校の試技順は、23校中の20番目だった。 この時点でのトップは、試技順1番ながら突き抜けた得点をマークした常葉大常葉。 そして、駒場学園、八千代松陰がそのあとにつけていた。 金蘭会高校は、昨年の高校総体覇者。そのときの優勝メンバーはかなり...

2018高校選抜の収穫②~模索する「冷静と情熱のあいだ」

2018.04.05Thu

昨年、高校総体の東京都代表に初名乗りをあげるのではないか、と評判だった潤徳女子高校。 しかし、さすがの激戦区・東京の予選は甘くなかった。 潤徳女子の初出場どころか、選抜優勝校の二階堂高校も代表を逃すという大波乱。そして、その結果、高校総体出場を勝ち取った駒場学園は、見事に高校総体準優勝を勝ち...

2018高校選抜の収穫①~男子新体操・維持し続けるチーム力の凄み

2018.04.04Wed

高校選抜の試技順は、前年度の成績を反映しているので、いわゆる強豪チームは後半に集中する。そのため、前半はメンバーが6人に満たなかったり、3年生が抜けると大幅なチーム力ダウン、というチームが目立つ。 それはそれで、新しい息吹を感じられるフレッシュな演技だったりはするし、そういうチームが夏までにど...

2018高校選抜団体女子メダリスト

2018.03.31Sat

2位:昭和学院高校(千葉県)   3位:駒場学園高校(東京都) 2018.3.25.    at   福島県営あづま総合体育館  PHOTO  by  清水綾子 ...

三桜ジュニア新体操クラブ小林教室開講!~3/31(土)体験教室開催

2018.03.30Fri

北は岩手で「BTI岩手支部開講イベント」が行なわれる明日、南では、近年、ジュニアと社会人で存在感を増してきている三桜ジュニア新体操クラブが、宮崎県の男子新体操の本丸・小林での新教室開講に伴う体験教室を開催する。 小林秀峰高校の体育館という恵まれた環境で、思い切り体を動かす楽しさを、この機会...

BTI岩手支部、始動!~3月31日(土)に開講記念イベント開催!

2018.03.30Fri

本日、岩手日報でも報道されたが、16年間、盛岡市立高校の男子新体操部を率いてきた野呂和希監督が、今年度で盛岡市立高校を退職されるとのこと。同校OBが今後も指導にあたるとのことだが、滝沢南中学⇒盛岡市立高校といういわば中高一貫的な男子新体操の環境を誇ってきた、岩手県に変化が訪れること...