大会レポート

第71回全日本新体操選手権女子個人総合前半種目首位

2018.10.26Fri

●前半種目(フープ+ボール)暫定首位   喜田純鈴(エンジェルRGカガワ日中丸亀) 2018.10.26.    at   千葉ポートアリーナ  PHOTO  by  清水綾子 ...

「求道者」~福永将司(国士舘大学)

2018.10.26Fri

10月13日、国士舘大学の試技会のあと、今年度全日本インカレチャンピオンの福永将司に話を訊いた。 現時点での手ごたえは、と尋ねると、 「まだ完成度は上がっていません、焦りはないのですが、こんなでいいのかなと思うくらい、いつも通りです。」 ...

「唯我独尊」~栗山 巧(福岡大学)

2018.10.26Fri

今日、全日本選手権の舞台に、この男が還ってくる。   栗山巧 昨年の全日本インカレでは15位。彼の力をもってすればもっと上を目指せたはずで、おそらく悔しい思いをしていたに違いない。 そのため、全日本選手権に懸ける思いは大きかった。 会場で見かけたとき、顔も体つきも引き締ま...

山田愛乃、ユース五輪個人総合予選6位で決勝進出!

2018.10.11Thu

やった! これまでの大会でも何回か見受けられた山田愛乃選手の負けん気が、地球の裏側・ブエノスアイレスでもさく裂したようだ。 前半2種目は、14点台とやや出遅れた感があり、9位スタートとなった山田選手だが、3種目目のクラブで15.450とこの種目では4位にあたる高得点をマーク。総合順位も7位に...

「それぞれの結実」~第73回国民体育大会

2018.10.09Tue

10月7~8日、サンドーム福井にて、第73回国民体育大会新体操競技が行われた。 初日の個人競技では、静岡県が1位。兵庫県が2位、香川県が3位で勝負を決める団体競技を迎えた。   個人競技首位の静岡県は、夏の高校総体で団体2位になっている城南静岡高校のメンバーを中心とした静岡選抜チ...

第7回ローザカップ

2018.10.06Sat

今年の高校総体で団体2位、4位と大活躍だった静岡県。 その静岡の強さは、広い静岡県の中に力のあるクラブ、学校が点在していることに起因している。 県西部にあるローザ新体操クラブも、静岡の底上げに貢献しているクラブで、すでにジュニアでは全国レベルの選手を輩出しているが、 年に1回開催しているロ...

第18回全日本クラブ団体選手権(ジュニアの部Part3)、スカイAにて本日放送!

2018.10.02Tue

9月29~30日は、台風が迫りくる中、「第18回全日本クラブ団体選手権」の放送をスカイAで見た。 2日目の30日放送のチームには、エンターティメント性の高い、見ていて楽しい作品が多く、とても楽しく見ることができた。 東金RGの「ライオンキング」は、個性的なステップや素晴らしく揃ったフェッテ、...

第3回男子新体操クラブ選手権個人総合優勝/水戸舜也(KOKUSHIKAN RG)

2018.10.02Tue

今年で3回目となった男子新体操クラブ選手権は、この大会の転機となったように思う。 個人総合選手権を新設し、そこに全日本出場枠が「5」与えられたことによって、全日本インカレまでで 全日本出場権を得られなかった選手たちにとっては敗者復活戦的な位置づけの大会となり、クラブ対抗や種目別のみ だった...

山田愛乃(イオン)、イオンカップジュニア2位を弾みに、ユース五輪へ!

2018.10.02Tue

今年のイオンカップ、日本にとってもっともインパクトがあったのは、山田愛乃(イオン)がジュニアの部で2位に入ったことではなかったか。 過去にも、2007年に横山加奈(当時、NPOぎふ新体操クラブ)が3位、2011年に皆川夏穂(イオン)が2位入賞を果たしているが、日本のジュニア選手の表彰台のりはそ...

第18回全日本クラブ団体選手権(ジュニアの部Part2)、スカイAにて本日放送!

2018.09.30Sun

昨日から始まったスカイAの「第18回全日本クラブ団体選手権」の放送は、本日がジュニアの部2回目となる。 登場するクラブは、以下のとおり。 13  ふじしま新体操クラブ 14  東金RG 15  クラソタRG 16  Twinkle Star ...
<< perv 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12