畠田瞳(セントラル目黒)、優勝!~メモリアルアーサーガンダー杯

11月1日、スイスにて行われた「メモリアルアーサーガンダー杯」において日本から出場した畠田瞳(セントラル目黒)が優勝した。

この大会は、女子は4種目中3種目、男子は6種目中4種目を演技し、その合計得点で順位が決まるという変則的な競技方法となっているが、畠田選手は、平均台以外の3種目をすべて13点台にのせ、合計40.100をマーク。国際大会での初優勝となった。

畠田は、今年のNHK杯7位、高校総体3位、全日本ジュニア優勝と着実に実績を積んできており、トライアウトで選抜された女子ナショナルチームの一員としての強化の成果が着々と表れてきていると言えそうだ。

男子で出場した谷川航(順天堂大)は、あん馬、鉄棒以外の4種目を演技し、6位。優勝は、リオ五輪個人総合銀メダリストのオレグ・ベルニャエフ(ウクライナ)だった。

畠田選手と谷川選手は、11月5日にスイスで行われる「スイスカップ」にも出場予定。

こちらは男女ペア競技となっており、日本のフレッシュペアの健闘が期待される。

TEXT:Keiko SHIINA   PHOTO:Yuu MATSUDA/Yuki SUENAGA ※写真は昨年の国内大会のもの