第16回ユースチャンピオンシップ男女8位

男子8位:松永健人(済美高校/OKB体操クラブ)

小学生のころから見てきた選手だが、彼は、幼いころから独特の表現力とリズム感をもっていた。

先輩にも同級生にもキラ星のごとく名選手がひしめくOKBの中では、決して飛び抜けた選手ではないかもしれないが、

ともすれば「技術優先」に見えてしまいがちだったOKBの選手の中で、ひと味違う魅力をもった選手だった。

彼らのジュニア時代に組んだ団体。その後も代替わりして後輩たちが踊り継いでいるあの明るく、ノリのよいお祭りのような作品は、男子新体操にしては珍しい選曲だし、振り付けだが、「ジュニア団体」のお手本のような作品だと思う。

そして、あの団体作品は、松永選手の存在を抜きには語れない演技だったと思っている。

彼の動きは、常に音を感じさせる。そして、何かを物語る。情感が伝わってくる。

「演技派」というのとも少し違う、にじみ出るもの、内から湧いているものを持っている選手なのだ。

手具操作も巧い。技術が高いだけでなく、操作さえも表現の一環に見せることのできる稀有な才能が彼にはある、と思う。

だから、彼の演技はいつ見ても楽しい。ミスが出てしまうことも少なくないので、実力とおりの成績は得られないこともある。

本人はきっと悔しい思いをしているだろうが、そんな時でさえも、彼の演技は見ている者にとっては楽しい。

男子でも女子でも、こういう才能は、見えにくいし、評価にもつながりにくい。本人ですら気づいてなかったりする。

が、新体操が「表現スポーツ」「芸術スポーツ」である以上、本当は彼のもっているような感性が一番大切なもの、なのだ。

ユース8位という結果は、彼にとって満足なのか、悔しいものなのかはわからない。

ただ、彼の演技を本当に好きで、楽しみにしている人がいるんだということだけは忘れないでほしいと思う。

 

女子8位:坂本美彩(世田谷ジュニア新体操クラブ)

チャイルドのころから、かっちりと「うまいな」と思わせる演技をする選手だった。

難度や操作が、非常にクリアで危なげなく、年齢よりも常に少し上に見える印象だったが、もう高校生になった。

雰囲気に年齢が追いついてきたこともあり、ここ数年、表現力の面で大きな進境が見える。

ジュニア時代は、どうしても「きちっとやっている」という印象のほうが上回り、踊り感はもう一歩、に見えていたが、今は、持ち前のきっちり感に流れが加わり、表情が豊かになった。

年齢を重ねたことによって、表現の幅も広がったのだろう。また、自分のやりたい演技、というものが見えてきたのではないかと思う。

幼いころから達者な子、能力の高い子は、まずは「うまくなること」「点数が伸びること」がモチベーションになることが多い。

が、年齢が上がってくると、演技を通して自分は何を表現したいのか、を考えるようになる。

もともと力はあるのだから、表現に目覚めると、こういう選手の伸びは顕著になり、みるみる魅力を増してくる。

シニアになってからこそ、力を発揮できそうなタイプなだけに、これからがおおいに楽しみな選手だ。

 

※明日(7/7)から、スカイAにて、「第16回ユースチャンピオンシップ」の放送が始まります。

 放送予定は、以下のとおり。ぜひお見逃しなく!

2018/7/7(土) 19:00~21:00 SASAKICUP 第16回 全日本新体操ユースチャンピオンシップ
男子個人 決勝
(2018/6/1~3 高崎アリーナ・群馬県)
2018/7/10(火) 19:00~23:00 SASAKICUP 第16回 全日本新体操ユースチャンピオンシップ 
女子個人 決勝
(2018/6/1~3 高崎アリーナ・群馬県)
2018/7/18(水) 12:00~14:00 SASAKICUP 第16回 全日本新体操ユースチャンピオンシップ
男子個人 決勝
(2018/6/1~3 高崎アリーナ・群馬県)
2018/7/21(土) 14:00~16:00 SASAKICUP 第16回 全日本新体操ユースチャンピオンシップ 
女子個人 決勝 前編
(2018/6/1~3 高崎アリーナ・群馬県)
2018/7/22(日) 14:00~16:00 SASAKICUP 第16回 全日本新体操ユースチャンピオンシップ
女子個人 決勝 後編
(2018/6/1~3 高崎アリーナ・群馬県)
2018/7/23(月) 12:00~14:30 SASAKICUP 第9回男子新体操団体選手権大会
(2018/6/1~3 高崎アリーナ・群馬県)
2018/8/8(水) 15:30~17:30 SASAKICUP 第16回 全日本新体操ユースチャンピオンシップ 
女子個人 決勝 前編
(2018/6/1~3 高崎アリーナ・群馬県)
2018/8/9(木) 15:30~17:30 SASAKICUP 第16回 全日本新体操ユースチャンピオンシップ
女子個人 決勝 後編
(2018/6/1~3 高崎アリーナ・群馬県)

TEXT:Keiko SHIINA      PHOTO:Ayako SHIMIZU