栗山 巧(福岡大学)、暫定首位!~2018西日本インカレ

本日、北九州で西日本インカレが開幕した。

個人総合前半2種目を終えて、男子は栗山巧(福岡大学)が、首位に立っている。

昨年の全日本選手権は、当日の公式練習中に負傷。出場がかなわなかった。

この全日本選手権に向けては、かなりつめた練習をしてきて仕上がりも上々だったというが、フロアマットには上がらないまま栗山のジャパンは終わった。それは彼にとっても無念の一言だったろうが、彼のあのアグレッシブかつチャーミングな演技を見ることができなかった観客にとっても残念このうえないことだった。

5月12日、福岡大学を訪ねたとき、栗山は人懐っこい笑顔で迎えてくれた。

体はすっかり大丈夫だと、その表情は明るかった。そして、この日は、フロアマットでの練習が20~21時とごく短い時間しかできない日だったため、栗山はスティックとリングを軽く1本ずつ通しただけだった。が、その動きには勢いがあり、調子の良さが感じられた。

2017年を悔しい思いで終えているだけに、西日本インカレでは、ぜひ力を出しきれるように、と願っていたが、前半2種目ではその願いが叶ったようだ。

明日の残り2種目。

首位を守ろうと小さくなることなく、思い切りの良いいつもどおりの演技を見せてほしいと思う。

そして、今年こそは、全日本インカレ、ジャパンと栗山巧の存在感を見せつけてほしい。

ちなみに、2位には堀孝輔(同志社大)、3位には小川恭平(花園大)がつけている。

PHOTO  &  TEXT:Keiko SHIINA