アジア新体操選手権代表選手コメント

先週末は、体操のワールドカップ東京大会が行われ、日本の白井健三選手と村上茉愛選手がそろって優勝! という素晴らしい結果を残した。

日本体操協会のTwitterとInsatagramも、この大会に合わせたようにスタートし、日本体操協会の情報公開への意欲の本気ぶりを感じた。

 

ただ、ふと気づいたら、新体操の情報は後回しになっていない?

と感じる今日このごろ。もちろん、人手に限りはあるだろうから、いきなり全部は無理なんだとは理解できる。10年前に比べたら、飛躍的に情報公開されてきたのだから、新体操も徐々に体操並みになっていく、と信じたい。(追記:と書いてるそばから、Twitterに代表決定戦の情報がツィートされてました!!!)

 

というわけで、じつは、今週末には、「世界選手権・アジア競技大会新体操日本代表決定戦」が高崎アリーナで行われる。

日本のTOP17がそろい踏みする豪華絢爛、かつ熾烈な試合になること間違いなしだ。

※代表決定戦の詳細はこちら( ↓ )

https://www.jpn-gym.or.jp/rhythmic/event/26487/

 

すでに、4月29日~5月2日にマレーシアで行われる「アジア新体操選手権」の代表は、3月12~13日に行われた選考会で決まっているが、今回は、8月27~28日にインドネシアで行われるアジア競技大会(新体操だけでなく多くの種目が行われる「アジアの五輪」)と9月7日~16日にブルガリアで行なわれる世界選手権に出場する新体操日本代表を決める大会となる。すでに、特別強化選手の皆川夏穂、喜田純鈴が代表に内定しているので、今回の選考会で選出されるのは1~2名。

狭き門には違いないが、その狭き門を目指すからこそ、日々進化を続けているのが今の日本の新体操だ。

「報われるかどうか」ではなく、挑戦することの意味を、に気づいた人しか到達できない、そんな境地にいる、そんな選手たちの素晴らしい演技の応酬をぜひ見てほしい。

 

以下に、3月13日にアジア選手権代表に決まった選手たちのコメントを掲載する。

ここから1か月がたち、さらに磨きがかかっているだろうアジア選手権代表選手たちの演技にもおおいに注目だ。

 

【アジア新体操選手権代表選手コメント】

●河崎羽珠愛(イオン)

(代表決定競技会が)3月に急遽決まったけれど、焦らずにやろう、と思っていました。

今できることは、できる範囲で出し切れた、と思います。
代表にも決まったので、嬉しい気持ちでいっぱいです。
アジア選手権では、個人総合で上位を目指すことを最終目標にして、あとは自分が4種目出られるかまだわかりませんが、すべての演技で自分の納得のいくものが出せればいい、と思っています。

 

大岩千未来(イオン)


 

リボンで最初から落としてしまい、かなり焦りはしましたが、最後まで諦めない気持ちはあって、思ったより落ち着いてできたのが良かったです。
クラブは得意なのですが、気持ちが先走ってしまい、集中しきれていなかったので、しっかり集中できる強さを持ちたいと思いました。
アジア選手権ではシニアで初の代表となるので、精神面と体力面をしっかり身につけて試合にのぞみたいです。
完璧を求めすぎず、しっかり演技したいです。

 

●古井里奈(国士館大学)

まさか、自分が代表に選んでいただけるとは思っていなかったので、驚きと嬉しい気持ちが入り混じった感じです。
(代表決定競技会は)自分のやるべきことがちゃんと出せた試合だったので満足しています。
代表を狙うとか、そういうことを考えず、「自分の今できることをやるべき」と。先生から言われ、自分でも、代表だ、とか、点数や順位は忘れて、自分の《やりたい新体操》をやろう、という気持ちで演技しました。
(最終種目のクラブでのガッツポーズはどんな気持ちで?)自分らしく踊れて、ミスなく出来たので嬉しかったです。
アジア選手権では、初代表ですが、気張らずいつも通りの自分の演技をきちんとやり通したいです。

 

飯田由香(イオン)


 

シニアでは初代表です(昨年はアジアジュニア代表)。
代表決定競技会が始まるまではまったく代表を意識することなく楽しくやろう、と思っていたのですが、1日目を終えて狙える位置に自分がいたので、少し気持ちが高ぶってしまって。どの種目もまだミスがあるので、そこは改善するべきだと思っています。今大会は自分の課題が見つかった大会でもありました。
昨年アジアジュニアで出場した経験はありますが、今回は、それとは違うと思うので、アジア選手権ではミスをなくせるようにしていくことと、楽しんで踊れるように日々練習を頑張っていきたいです。

 

INTERVIEW & PHOTO:Ayako SHIMIZU     TEXT:Keiko SHIINA