シーズン開幕を告げるモスクワグランプリで喜田純鈴、健闘!

2018年2月15~17日に開催された「モスクワグランプリ/国際トーナメント」の結果、レポートが日本体操協会の公式サイトに掲載されている。

http://www.jpn-gym.or.jp/rhythmic/event/26214/

 

日本体操協会の公式サイトは、従来使用していたスポーツナビプラスの閉鎖に伴ってリニューアルされ、本日公開された。

かなり見やすくなっているので、この機会にぜひチェックしてほしい。

 

モスクワグランプリは、出場を予定していた皆川夏穂、フェアリージャパンPOLAが、コンディション調整のため欠場、国際トーナメントも出場予定だった山田愛乃が欠場となったため、日本からの出場は喜田純鈴(モスクワグランプリ)と末永柚月(国際トーナメント)のみとやや寂しかったが、喜田はミスを最小限にとどめた予選のフープでは17点台をマークし、種目別決勝にも残る健闘を見せ、個人総合順位も8位となった。

新しいシーズンが開幕したばかりで、完成度はまだ上げきれていないことも考えれば、上々のスタートと言ってもよいだろう。

 

末永柚月に関しても、協会のレポートでは「美しさ」が評価されている。

3月12~13日に開催される「アジア選手権・アジアジュニア選手権日本代表決定戦」への出場も決まっている末永選手、決定戦での演技にも期待できそうだ。

TEXT:Keiko SHIINA     PHOTO:Ayako SHIMIZU  ※2017年イオンカップ(喜田)、全日本ジュニア(末永)のもの