新体操 第66回全日本インカレ 2日目結果

8月28日、栃木県南体育館で全日本学生新体操選手権大会が開催され、個人総合の女子は三上真穂(東京女子体育大・3年)が、男子は臼井優華(中京大・2年)が、それぞれ初日の首位をキープしての優勝となった。

 

三上真穂(H15.450+B15.400+C14.300+R14.80=59.950)

 

 

臼井優華(S9.425+R9.525+L9.525+C9.550=38.025)

 

 

また、同日行われた女子団体1種目、男子団体予選では、女子は東京女子体育大が、男子は青森大が、暫定首位に立った。3位までの順位は以下の通り。

 

◆女子団体 1種目順位

1位 東京女子体育大(16.550)

2位 国士舘大(15.850)

3位 日本女子体育大(15.550)

 

◆男子団体 予選順位

1位 青森大(19.550)

2位 花園大(19.375)

3位 国士舘大(19.150)

 

Photo by Ayako SHIMIZU Text by Izumi YOKOTA