2013全日本新体操選手権大会試技順(女子21~31番)

21 喜田純鈴

所属:エンジェルRG・カガワ日中(中学1年)

DATA:2013全日本ジュニア優勝、全中優勝/2012全日本ジュニア7位、全日本チャイルド5・6年の部優勝/2011・2010全日本チャイルド3・4年の部連覇

☆身体能力の高さにこの1年で技術がぐっと追いついてきた。中学1年でジュニアチャンピオンになった正真正銘「2020東京五輪の星」だ。

 

 

22 鈴木歩佳

所属:NPOぎふ新体操クラブ(中学2年)

DATA:2013全日本ジュニア4位、全中2位、全日本ユース10位/2012全日本ジュニア9位、全中15位

☆かかとが高く、軽やかな動きが魅力的な選手だが、今まではややミスが多い印象があった。しかし、今年は熟練度があがり、ミスが減り、成績もそれに伴ってあがってきた。

 

 

23 植松桃加

所属:エンジェルRG・カガワ日中(中学2年)

DATA:2013全日本ジュニア5位、クラ選Jr5位/2012全日本チャイルド5・6年の部5位

☆バレエのように洗練された美しい動きがすばらしいが、手具をもった演技ではまだその徒手能力を生かしきれないことも。美しさと表現力で、将来には十分期待できる選手だ。

 

 

24 コン ユン

所属:東京女子体育大学(1年) ※金蘭会高校出身

DATA:2013全日本インカレ7位/2012ジャパン14位、クラ選Sr5位、高校総体優勝、全日本ユース優勝

☆のびやかな肢体を駆使したダイナミックな演技で、2012年、日本の新体操界に衝撃デビュー。大学生になり、ますますその演技には迫力が増してきた。ミスのないていねいな演技ができれば、上位もうかがう力がある。

 

 

25 山口留奈

所属:イオン(大学3年)

DATA:2013全日本インカレ2位、クラ選Sr優勝、代表決定戦1位/2012ジャパン優勝、全日本インカレ5位

☆ロンドン五輪出場を逃した昨年は、スランプだったが、今シーズンは安定感を取り戻してきた。精度の高い難度、連続性のある手具操作など見どころ満載の演技は、のっているときは観客を楽しくさせてくれる。

 

 

 

26 河津花絵

所属:東海大学九州(4年) ※熊本RG出身

DATA:2013全日本インカレ15位/2012クラ選Sr14位、全日本インカレ18位

☆昨年は惜しいところでジャパン出場を逃し、学生最後の年である今年に懸けてきた! と感じさせる気迫の演技をインカレで見せた。基本に忠実な難度は見ていて気持ちがいい。音楽をうまくとらえた動きにも定評がある。

 

 

 

27 成松エリナ

所属:国士舘大学(2年) ※町田RG出身

DATA:2013全日本インカレ9位、クラ選Sr8位/2012全日本インカレ20位

☆大学1年目の昨年は、ミスに泣いた。しかし、今年は見違えるような演技を見せ、「復活の年」となった。ミスなく演技が決まると、持ち前の表情の良さも発揮され、魅力的。大人の雰囲気で演じるクラブ、リボンは必見。

 

 

 

28 恒川 愛

所属:東京女子体育大学(1年) ※チェルシーRGC出身

DATA:2013全日本インカレ10位/2012ジャパン31位、クラ選Sr16位、全日本ユース9位

☆小学生のころから踊り心では抜きんでたものを感じさせる選手だったが、その良さはそのままに、技術と能力を磨いて大学生になった。ミュージカルを観ている気分にさせるリボンの演技はこの選手の真骨頂だ。

 

 

29 松本愛香

所属:佐賀女子高校(2年) ※グリーンカレッジ出身

DATA:2013高校総体6位、高校選抜優勝

☆高体連以外の試合に出てこないので、見る機会の少ない選手だが、今シーズンは、選抜、総体とよいパフォーマンスを見せ、選抜では優勝を飾った。2012高校総体5位の松本優香とは双子の姉妹。はっきりと見やすい難度が強みの選手だ。

 

 

30 徳田真祐

所属:Detelina(高校1年)

DATA:2013高校総体16位、全日本ユース14位/2011全日本ジュニア24位

☆驚くほど長い脚に、まず目がいってしまうが、音楽をよく生かした個性的な演技をしている。独特な演技にぜひ注目してほしい。

 

 

31 中津裕美

所属:東京女子体育大学OG ※エンジェルRGカガワ日中出身

DATA:2013全日本社会人3位、代表決定戦6位/2012ジャパン11位、全日本インカレ6位

☆大学卒業時に一時は引退も考えたそうだが、社会人選手として競技を続けた今シーズン、独自の表現の世界を深めてきた。とくにフープ、ボールはまさに中津ワールド!

 

PHOTO by Yoshinori SAKAKIBARA / Norikazu OKAMOTO / Ayako SHIMIZU