2013全日本新体操選手権大会試技順(女子1~10番)

1 渡辺真帆

所属:椙山女学園高校 ※ハーツ新体操クラブ出身

DATA:2013全日本ユース15位/2012全日本ユース10位/2011全日本ジュニア31位

☆音楽を生かした、踊り感のある演技が持ち味の選手。「表現したいもの」があることがしっかり伝わってくる選手だが、とくにクラブではボーカル曲を使って独特な世界を展開する。

 

 

 

2 横山加奈

所属:NPOぎふ新体操クラブ

DATA:2013全日本社会人4位、クラ選Sr11位/2012全日本社会人4位

☆ジュニア時代から身体能力の高さや、思い切りのいい手具操作が際立っていた選手だが、社会人選手としての競技生活を重ね、より味のある大人の女性らしい演技へと変貌が見えてきた。「表現の開花」まであと一歩! と予感させる。

 

 

3 猪又涼子

所属:伊那西高校(1年) ※WingまつもとRG出身

DATA:2013クラ選Sr4位、高校総体8位、全日本ユース5位、代表決定戦8位/2012ジャパン11位、全日本ジュニア4位、全中3位

☆ここ2年、飛躍的に力をつけてきた選手。隙のない動きの美しさ、かかとの高さ、表現力などは全国でもトップレベルと言える。種目によってまったく違う表情を見せるのも魅力だ。

 

 

 

4 横山あかね

所属:飛行船新体操クラブ(中学3年)

DATA:2013全日本ジュニア2位、クラ選Jr3位、全中3位、全日本ユース6位/2012全中8位

☆身体能力の高さでは、小学生のころから目立っていた選手だが、ここにきて実施力があがり、着実に上位に顔を出す選手に成長。後ろもちピボットのスピードに、ぜひ注目してほしい。

 

 

5 進藤みのり

所属:東京女子体育大学(2年) ※秋田新体操クラブ出身

DATA:2013全日本インカレ8位/2012全日本インカレ17位/2011全日本ユース11位

☆長身で、ダイナミックなジャンプが映える選手。ジュニア時代は、かわいらしく透明感のある演技、という印象だったが年齢を重ねてきて表現に深みが感じられるようになってきた。今シーズンは試合でよい実施が多く、見終えたときに爽快感のある感動的な演技を見せることが多かった。

 

 

6 立澤孝菜

所属:イオン(中学3年)

DATA:2013全日本ジュニア9位、全中10位

☆「イオンの隠し玉」的存在の選手がついに表舞台に登場! 長野のクラブチームに所属していた選手だが、中学生になってからイオンに移籍。もともとかかとが高く、美しい線をもった選手だったが、ここにきてイオンの洗練された演技を身につけ、素質を開花させつつある。

 

 

7 古井里奈

所属:名古屋女子大学高校(1年) ※チェルシーRGC出身

DATA:2013クラ選Jr優勝、高校総体優勝/2012全日本ジュニア10位、全中6位/2010全日本チャイルド5・6年の部優勝

☆チャーミングさでは、向かうところ敵なし! の高校チャンピオン。とにかく観客を楽しませ、笑顔にしてしまう演技に心奪われるが、難度や手具操作もじつは相当ハイレベルだ。難しいことも楽しそうにやってしまうところが一番の魅力。

 

 

8 山本果歩

所属:エンジェルRG・カガワ日中

DATA:2013クラ選Sr12位、高校総体21位/2011全日本ジュニア26位

☆小柄ながら、エンジェルらしい演技を見せるが、能力の高さというより努力で身につけてきたものが大きそうな選手。ミスが連鎖してしまう傾向があり、高校総体ではよくない結果になってしまったが、クラブ選手権でふんばる根性を見せたのはさすがだった。

 

 

9 三上真穂

所属:東京女子体育大学(2年) ※安達新体操クラブ出身

DATA:2013全日本インカレ優勝、クラ選Sr3位、代表決定戦5位/2012ジャパン3位、クラ選Sr3位、全日本インカレ2位

☆思い切りのよい手具操作がとにかく小気味よく、とくにクラブは曲の雰囲気ともぴったりな演技で楽しませてくれる。テクニカルでスピード感あふれる演技が持ち味だが、最近は女性らしい美しい表現にも開眼しつつある

 

 

10 横田葵子

所属:安達新体操クラブ(高校1年)

DATA:2013クラ選Sr10位、全日本ユース9位/2012全日本ジュニア12位、クラ選Jr5位

☆強豪・安達新体操クラブのジュニア選手としてイオンカップに出場していたときから、その一生懸命さあふれる演技は目を引いた。怖がらず思い切りのいい演技で、常にチャレンジする姿勢が気持ちいい選手。

 

PHOTO by Yoshinori SAKAKIBARA / Norikazu OKAMOTO /  Ayako SHIMIZU(横山加奈・進藤みのり)