LINE会話で使える新体操絵文字&スタンプを紹介!

外出自粛が長く続き、対面でのレッスンが長くできなくなっている今、指導者と選手の間でもLINEでコミュニケーションをとることが増えているのではないでしょうか。

そんなとき、やりとりをほっこりさせてくれるのが、絵文字やスタンプですが、新体操のもので使い勝手のよさそうなものを発見しました。

LINEの絵文字なのですが、絵文字単体で入力すれば、小さめのスタンプようにも使えます。

「ルルヴェ」とか「つま先」「ひじ」など、新体操の会話(とくに指導)をする場合は、頻出する言葉が見事に絵文字化されているので、これは、選手に対する注意をLINEで送るときに、かなり使えそう。もちろん、選手自身が自分の演技を振り返ってコメントするときにも使えますね。

こんな「かゆいところに手が届くような絵文字」いったい、どんな人が考えたのだろう? と思ったら、なんと、舞エンジェルスRGの指導者・池上絵理香先生(日本女子体育大学卒)でした。

池上先生のイラストは、かわいくてセンスよくて、クラブのシャツなどに描かれているのを「すてきだな~、かわいいなあ~」と思いながら見ていたので、その池上先生の描かれた絵文字を購入できるなんて! と嬉しくなり、さっそく買いました、私。

調べてみたら、より実用的な、ジャッジにも使える難度のマークなどの絵文字も出されているようです。

申告書はなくなりましたが、指導者同士、または指導者と選手の会話にはかなり使えるのではないかと思います。

こちらもぜひ! ご利用ください。

今回、改めて見てみたら、スタンプでも新体操モノはかなり出ていますね。(男子新体操もあります!)

池上先生からも、今回、絵文字を紹介させてほしいとお願いしたときに、「他の作家さんのもかわいい新体操スタンプがたくさん出ていますよ」と教えてもらいました。

すでに使っている、知っているという方も多いかと思いますが、楽しいことがあまりない自粛生活に少しでも楽しみが増えればと思い、ご紹介してみました。

新体操絵文字、新体操スタンプを使って、LINEでのコミニュケ―ションをより楽しく、スムーズにしましょ!

 

TEXT:Keiko SHIINA