佐賀発・VIVOが大奮闘中!

2年前、神埼清明高校男子新体操部OBを主体として活動が始まった「VIVO」は、九州を中心にさまざまな場所でのアクロバットショーを通じて、男子新体操の普及を目指してきた。

老若男女が楽しめるように工夫された親しみやすいショーの構成でありながら、男子新体操の凄さ、かっこよさをきっちりと伝えるVIVOのアクロバットショーは毎回、大人気で、あっという間に休日のたびにあちこちで行われるようになっていった。

同時に、マット運動やロープ運動を子ども達に教える体操教室も展開。すでに教室数も増え(アクロバットクラスもできている)、5月にはまた1つ教室オープン予定とのこと。こちらのかなりの人気を集めている。

なんとこのVIVOをプロデュースしている株式会社Hand Standの岡清介氏は、「福岡よかとこビジネスプランコンテスト」で、VIVOの事業展開でビジネスモデル賞も受賞。今後の活動に勢いがついてきている。

3月30日には、VIVO史上初の山口県でのショーがあり、男子新体操未普及県とされている山口県に記念すべき一歩を刻んだ。(これをきっかけに、キートス新体操クラブが山口県で男子新体操の練習をしていることもわかった)

現在、話題になっている「男子新体操の国体復帰」は、2023年の佐賀国体での実現を目標としている。

男子新体操強国である佐賀県の神埼清明高校や神埼ジュニアの活躍はもちろん、こういったVIVOのようないわば「草の根運動」もおおいに力になるに違いない。

10連休の人も多い、今年のゴールデンウィークにも、VIVOのイベントが予定されている。

●4月29日(月祝)11時~/14時~ 於: モラージュ佐賀

●5月1日(水祝)11時~/14時~ 於:かしいかえん

●5月4日(土祝)12時~/15時~ 於:響灘緑地グリーンパーク

九州北部での公演がほとんどなので、九州からはもちろん、中国四国からでも比較的行きやすいと思う。

ゴールデンウィークの行き先のひとつに加えてはどうだろうか。

 

さらに。

VIVOのプロデュースを行っているHand Standが、男子新体操を応援するグッズの通信販売を開始した。

キーホルダーとタオルだが、チームでまとめての購入も歓迎。

売り上げ利益は、男子新体操の現役競技者への支援金として寄付するとのこと。

お申込みはkeiko@hand-stand.netまで

名前(フリガナ)郵便番号、住所、電話番号を明記の上ご連絡ください。

※受付は4月30日まで。

※振込手数料はお客様負担です。

※受注生産につき振込確認から発送まで約30日お時間を頂きます。

※デザインは予告なく変更になることがあります。

詳しくは、以下( ↓ )を確認してもらいたい。

https://twitter.com/vivo_official_/status/1116649116287660032

 

男子新体操の国体復帰に向けて、よりいっそうの普及に向けて、さまざまな人がさまざまな形で走っている!

と感じる VIVOの活動には、これからも注目したいと思う。

TEXT:Keiko SHIINA