輝く!元新体操選手たち

9月18~20日、岐阜メモリアルセンターで愛ドームで行われた「2021新体操フェスタ岐阜」は、もともとは男子のクラブ選手権、社会人大会がメインだったが、3年前から「RGマスターズレディース」といういわば女子の社会人大会も併設されるようになった。

「マスターズレディース」には、インディビジュアル(個人競技)にカテゴリー1~3までが設定されており、通常の大会よりも自由度の高い演技内容で参加することができる。大人になってから新体操を始めた人や、以前はやっていたけどブランクが長い人などでも参加しやすい工夫がされている。

FIGルールでは、ちょっとハードルが高いという人達にも、新体操を楽しんでもらいたい、以前やっていた人も気軽に戻ってきてほしい、そんな願いがこめられた温かい大会だが、今のところ参加者数は決して多くない。が、いずれはこれがもっともっと広がって、新体操を愛好する人たちの目標になる試合になっていくことを期待したいと思う。

今大会に出場していた中で、「元新体操選手」の2人を紹介しよう。

現在は、フラフープアーチストとしての活動、新体操指導者、審判として八面六臂の活躍ぶりの神谷梨帆さん。

今回は、3日間にわたりエキシビションで本業のフラフープアートも披露してくれた。

そして、弟さんとのコンビでお笑い芸人をやっている雷鳥お姉ちゃんも、初出場した2年前よりもぐっと技術が上がった素晴らしい演技を披露した。

衣装は、東京五輪の聖火リレーを走ったときのTシャツ。いくつになっても、「新体操大好きっ!」が全身からあふれ出る素敵な演技だった。

神谷さんは、「パフォーマンスではなく新体操をやるのはかなり久しぶり」とのことだった。

雷鳥お姉ちゃんも、マスターズレディース以前は、芸の一環としてバランスを披露したり、地元富山で社会人団体を組んだりはしていたが、個人での演技からは遠ざかっていた。それが、「今回はかなり練習しました」とのことで、かなりレベルアップを見せていた。

少々のブランクはあっても、やはり長年培ってきた力は凄い! と感じさせてくれた2人だった。

全国には、たくさんの「元新体操選手」がいると思う。現在も、指導者として新体操に関わっている人も多いだろうが、新体操からは完全に離れている人も、あるいは新体操を生かしてダンスやパフォーマーなど別の道で活躍している人達も、年に一度はみんなマスターズレディースに集まる。そんな「新体操同窓会」みたいな大会になっていくことを願ってやまない。

ここ2年は、コロナ禍でもあり、ひっそりと行わざるを得なかったが、来年からは出場者募集時からガンガン宣伝しようと思っているので、「元新体操選手」のみなさん、奮って参加、お願いいたします。

 

「元新体操選手」といえば、先日のオリパラの閉会式、開会式などでも活躍していたように、エンターテインメント業界への進出も目立っている。

そんな中、明日(9/25)から行われるダンスのビッグイベント「Legend TokyoⅩ」のオープニングアクトにも、元新体操選手たちが出演するという。

黒くて中くらいの小さい四角イベント名 『Legend Tokyo』10周年記念 特別公演 Legend Tokyo X 黒くて中くらいの小さい四角主催団体 Legend Creative Project -Choreography Stage Entertainment 黒くて中くらいの小さい四角演出家 MIWA 黒くて中くらいの小さい四角special thanks megu 黒くて中くらいの小さい四角team ECRiN 振付 Izumi Aoki 黒くて中くらいの小さい四角出演者 AIMI(team ECRiN・代表) Izumi Aoki(team ECRiN・アートディレクター) yellow.BENA(team ECRiN) NANA(team ECRiN) Tokiwa(ECRiN crew) 黒くて中くらいの小さい四角チームスタッフ 市川真理(team ECRiN) 渡辺知寿(撮影)

 

予選を勝ち抜いてきたダンス界のビッグネームたちが集まるこのイベントでのオープニングアクトはかなり名誉なことだが(以前、BLUE TOKYOも出たことがあった)、今回、この大役に抜擢されたのは、女子新体操経験者たちのユニット・team ECRiN 。

このユニットの代表を務めるAIMIさんは、今年春には都内で、「競技会への出場は目指さない新体操教室」も立ち上げ、新体操の新しい形、可能性を模索しながら活動している。

今回のオープニングアクト出演も彼女たちの可能性をおおいに広げてくれそうだ。こちらのInstagramでは映像作品も公開されている。

ECRiNのinstagram⇒ https://instagram.com/ecrin_official0701?utm_medium=copy_link

新体操教室、指導について問い合わせは、こちら。⇒ https://www.ecrin.info/

「新体操選手を目指すわけではない」けれど、新体操をやりたい! 新体操もできるダンサーになりたい! など動機は様々でいい。

より多くの人にとって、新体操がより身近なものになり、やってみたい人が挑戦できる場が少しでも増えることは大歓迎だ。

それがこの先、新体操が生き残るための唯一の道だから。

TEXT:Keiko SHIINA       PHOTO:Ayako SHIMIZU(ECRiNの写真は提供いただいたもの)