クラブ訪問

2014南関東総体に向けて~青森山田高校(青森県)

2014.08.08Fri

  いよいよ明日は、高校総体団体競技が行われる。   これまでに取材してきたチームでまだ紹介しきれていないところを、本番直前ではあるが載せていこうと思う。   まずは、男子団体の試技順1番・青森山田高校(青森県)。    先日、盛...

2014南関東総体に向けて~佐久本歩夢(青森山田高校)

2014.08.07Thu

8月1日。盛岡アイスアリーナで合宿中だった佐久本歩夢を訪ね、インターハイへの抱負をきくことができた。   「自分にとっては最後のインターハイなので、優勝したいです。 それが一番大きな目標なので。」   少しもひるむことなく、「優勝」という言葉を彼は口にした。 ...

2014南関東総体に向けて~桑村美里(相模女子大学高等部)

2014.08.07Thu

8月2日。今年のインターハイ前の最後の取材として、桑村美里の練習を見に行った。 練習終わりの最後の1時間くらいだったが、彼女は町田RGのシニア選手で組んだ団体の練習をしていた。   この日は、少し演技の手直しをする日だったそうで、意外なほど穏やかな雰囲気の中で、高校生、大学生...

2014南関東総体に向けて~猪又涼子(伊那西高校)

2014.08.06Wed

「インターハイは2回目ですが、去年は2種目ともいい演技はできたと思いますが、結果につながらなくて悔しかったので、今年は日本一を目指して、悔いのない演技をしたいです。」   インターハイ直前の7月30日、須坂市で行われていた伊那西高校の合宿を訪ね、猪又涼子にインターハイの抱負をき...

2014南関東総体に向けて~亀井理恵子(都立駒場高校)

2014.08.03Sun

2013年度全中7位、全日本ジュニア8位、2014年度ユースチャンピオンシップ8位と、ジュニア後半からぐいぐいと力をつけてきている選手。 それが亀井理恵子だ。 そして、ついに、まだ高校1年生ながら、見事、地元・東京開催のインターハイ個人代表の座を勝ち取った。 しかし、この選手、ほんの2年前...

2014南関東総体に向けて~国士舘高校(東京都) 

2014.08.01Fri

「道のり」    メンバーすら満足にそろわないチームが、苦難を乗り越えながらインターハイを目指す――なんていう古き良きドラマを地で行くようなチーム。それが、今回、地元開催のインハイを迎える国士舘高校だ。創部からここまでの道のりは、驚くことばかりだった。  現在、国士舘高の部員...

2014南関東総体に向けて~笠井菜々子(日本橋女学館高校)

2014.07.27Sun

今年のインターハイまで、あと2週間となった。 今年は東京開催ということで、会場はあの代々木第一体育館。 例年、インターハイは観客が多く、会場に入りきれるかどうかが懸案事項となるが、今年はさすがに「入れない」ということはなさそうだ。   長年、新体操を観戦しているが、観客数の多さ...

千葉県立袖ヶ浦高校 「持たざる者の強み」<下>

2014.07.15Tue

若い監督が就任し、部員数も増え、団体でのインターハイ出場も決まった袖ヶ浦高校。 おまけにNHKのドキュメント「明日はどっちだ」の取材まで入り、7月8日には第1回の放送があり、今日が2回目の放送となる。 インターハイ前のこの時期に、4回にわたって放送されるというのだから、これはかなり「オイシイ...

千葉県立袖ヶ浦高校 「持たざる者の強み」<上>

2014.07.14Mon

今年の6月1日、東京体育館で行われた「第5回男子新体操団体選手権大会」に出場してきた袖ヶ浦高校を見たとき、「ちゃんと6人で団体が組めてる!」ということにまず驚いた。   そして、演技を見て、「案外うまいじゃないか」と、また驚いた。 演技そのものには、ミスも多かった。 高校から新...

昭和学院高校②「伝える」

2014.07.02Wed

昭和学院の新体操部員は、高校生が21名(内3名がマネージャー)、中学生は15名とかなりの大所帯だ。 それだけ人数がいれば、いわば選手は選び放題。 そのときいちばんうまい選手を使えばいいのだから、そりゃあ強いチームもできるだろう、と思われそうだが、決してそうではない。 最終的に試合のフロ...
<< perv 1  2  3  4  5  6