コロナに負けず前進あるのみ!~白土新体操クラブ

今年になって最後に見た大会は、全日本チャイルド。2月23日、高崎アリーナだった。

あれからもう2か月になるが、その間、まったく大会、いや新体操そのものを生で見ていない。

こんなに長いブランクは、過去になかったと思う。

自分が新体操やっているわけでもなければ、指導者でもない。そんな私ですら、この「新体操ロス」は響く。

気持ちが沈みがちになる。

そんなとき、元気の出る動画に出会えた。

白土新体操クラブの「ボールリレー」だ。

最近流行しているやつだが、これ、本当に楽しい! そして、楽しいのになんだか涙が出てくる。

みんなこうやって必死に、新体操への思いを繋ぎとめているんだなあ、と思ったら、まだまだ私も頑張ろう!

頑張れそう! と思えてきた。

昔からずっとそう。元気のないとき、一番の薬は「新体操」なのだ。もはやビョーキである。

 

※白土新体操クラブ「ボールリレー」

https://www.facebook.com/shiratsuchirg0219/videos/2890398747706024/

さらに、白土新体操クラブの公式ホームページを見たら、重大発表がされていた。

https://www.shiratsuchi-rg.com/2020/04/18/%E6%96%B0%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E8%A8%AD%E7%AB%8B%E3%81%AE%E3%81%8A%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%9B/?fbclid=IwAR2GEEfG72jJLjmsvu2IaTs0J66aPQjPvBBerHrPlQ3LMNMdoSWqGu4C60Y

まさかのこんな時期に!

NPO法人設立されるそうだ。時期はたまたまこうなってしまっただけなのだろうが、ある意味、好機と言えるのではないかと思う。

今回のコロナショックで、新体操界に限らず、世界が大きく変わっていくことは想像に難くない。

そんな中で、新体操というスポーツ、そして新体操のクラブが生き残っていくためには、今まで通りを守っているだけではおそらくダメだ。

新しいことも始めなければならないし、新しい組織作り、考え方が必要になってくる。

NPO法人化は、そのひとつの表れと言えるだろう。

今はとにかく、「新体操への思い」を維持できるために、やれることをやりつつ、「その後」に備えることが必要だ。

白土新体操クラブでは、すでにクラブ員対象にオンラインレッスンを導入するなど、今のこの厳しい状況下でもできることに果敢に取り組んでいる。もちろん一番大切なのは子ども達のやる気だが、そのやる気を維持できるかどうかは、指導者の姿勢にかかっているとも言える。

白土新体操クラブの取り組みは、今の時期の乗り切り方のひとつのモデルケースになるかもしれない。

※白土新体操クラブInstagram  ↓ (こちらでも様々な情報発信中)

https://www.instagram.com/shiratsuchi_rg/?fbclid=IwAR0WvXj8s73RcOaKO6eiUBasknTLWWMOEAHS57iFzHgIqfn1ZMcnRX4NZHE

PHOTO & TEXT:Keiko SHIINA(※写真は2017年12月の発表会)