2014南関東総体に向けて~青森山田高校(青森県)

  いよいよ明日は、高校総体団体競技が行われる。
  これまでに取材してきたチームでまだ紹介しきれていないところを、本番直前ではあるが載せていこうと思う。

  まずは、男子団体の試技順1番・青森山田高校(青森県)。

 

 先日、盛岡アイスアリーナでの合宿を取材に行き、今年の青森山田高校の作品を初めて見た。

  正直なところ、ここ数年の青森山田とは、印象がかなり違う気がした。
  なんというか「堅実」なのだ。


  近年の青森山田の演技は、従来の男子新体操とは一線を画していた。体操というよりダンス?にも見える動きを取り入れたり、演劇のようだったり。「振付は誰で、音楽は誰」などという事前情報が流れたり。良くも悪くも、他のチームとは違う! という色を強く打ち出していた。
   
  

  ところが今年は。
  そう言えば、かつてないほど事前情報もなかった。
  前もって、「今年の作品はすごいぞ」と煽るようなことは一切なかった。

  そして。
  盛岡合宿で見た今年の作品は、いい意味で「普通」だった。
  インターハイに出場する高校生チームの演技だった。
  決して「レベルが低い」という意味ではない。なにしろ、高校選抜では準優勝しているチームなのだから。

青森山田らしい洗練された美しい動きは健在だ。

同調性もある。タンブリングもシャープで、はっとするような交差などもある。

よい実施が出れば、上位争いには十分からんでくるだろうと思える演技だ。

 

だが、去年や一昨年とは、なにかが違う。

「今年のメンバーは、去年までの先輩たちのようにスター性があるわけではないので。」

3年生でキャプテンの佐久本歩夢はそう言った。

「1年前の佐賀インターハイに行っていたのは、自分だけなんです。1年前までは他のみんなは控え選手で、遠征にも連れていってもらってなかった。

ぼくらはそんな雑草チームです。

でも、そんなメンバーだからこそ、みんな下積み経験があるので、人の苦しみも理解できるし、成長する楽しさもわかる。

青森山田史上最弱なんて言われたこともありますが、一番、仲よくて、いいチームだと今では思っています。」

言われてみればそうだった。

昨年の青森山田は、永井直也、植野洵など3年生中心のチームで、そこに入っていたのは佐久本だけだった。

そして、去年の3年生が抜けてからのメンバーには、ジュニア時代に華々しい活躍をしていた選手が少なかった。

中学時代に少しやっていた、とか初心者に近いものもいた。

 

たしかに、「強豪・青森山田高校」の伝統を引き継ぐには、心もとないメンバーだったのだ。

 

しかし。

だからこそ、必死になれる力を彼らはもっていた。

それは、

「あんなに強かった先輩たちでもインターハイで勝つことはできなかった」のを近くで見てきたからだという。

「先輩たちよりもレベルがだんぜん低い自分たちは、とにかく必死に練習するしかなかった。」と。

でも、おかげで「自分たちにはのびしろがあることが感じられたし、のびていることを実感もできました。」

なにより。

「荒川先生との関係が変わりました。先輩たちの代のころは、先生から指示されて、あとは自分たちでやっておいて、という感じでした。

でも、今年はそれではできないメンバーだったので、先生も基礎から一緒にやってくれました。」

 

そういう佐久本は、ちょっと嬉しそうだった。

わざわざ千葉から青森に出てきたのに、いざ自分が3年生になるときに、「史上最悪」と言われるチームになってしまったのだ。

「自分は青森に何をしにきたんだろう?」

と思ったこともあるに違いないが、そのおかげで、今までの2年間では経験できなかった「チームの成長」を感じている。

そして、「先生」を近くに感じられるようになった。

それは、高校生にとっては、「いい経験」だったのではないかと思う。

監督の荒川栄は、

「今年は決して強いチームではありませんでした。

だけど、その分、ひたすら努力することはできるメンバーでした。

おかげで、今年は、監督らしい時間を過ごさせてもらいました。

このメンバーと過ごしたその時間が私にとっては、おもしろくて、楽しかった。

原点回帰したような感じでした。」

と言った。

 

今年の作品が、「堅実」や「普通」に見えたのはこういう理由だったのだ。

 

「強いチームではない」という言葉が、荒川からも佐久本からも何回も出てきた。

たしかに、そうなのかもしれない。

が、「強いチーム=いいチーム」というわけではない。

応援され、愛され、また、演技で人に感動を与えるのは、決して「強いチーム」だけではない。

 

今年の青森山田のように、泥臭く、愚直なまでに「努力」するチームこそは、

いちばん大切な「なにか」を得られるのだと思う。

 

8月9日、午前10時30分。

彼らの演技が始まる。

 

「青森山田らしく、トップバッターとして堂々と演技して、会場の雰囲気を一気に山田色にしたいです。」

佐久本歩夢のその言葉が現実になることを祈りたい。

 

PHOTO & TEXT:Keiko SHIINA